スポンサードリンク

海外通販で必要な関税と消費税について

海外通販関税の仕組み

個人輸入でも必要な関税と消費税

個人輸入や海外通販の際に注意しておきたいのが関税です。個人輸入の場合であっても、一定の金額以上になれば関税を払わなければいけません。

海外のショップから商品を買うと関税がかかるんでしょ!?

でもそれってよくわからないんだけど。。。。予想以上に高いんじゃないの??

多くの方がそんな疑問をいただいていると思います。確かに関税はかかる場合とかからない場合、関税率なども複雑なのですが、ここでは「いくら以上買うと関税がかかるのか?」「何をいくら払わないといけないのか?」について書いていきます。

関税でかかる3種類の費用

税関では以下の3種類の費用がかかります。

関税は購入した商品によって税率が異なります。一定額以下の場合は3つとも支払う必要はありません。

  • 関税
  • 消費税
  • 通関手数料

商品価格の60%が課税対象

 

個人輸入の場合は、商品価格の60%に課税されます。(商品購入代金+送料+保険金額)×60%です。
以下が関税の計算になります。

商品価格×60%×(関税率+消費税率)+通関手数料

例えば4万円の商品なら、24,000円が課税価格となり、この数字を根拠に関税の計算を行います。

個人輸入でも、転売や他人に売るなどが目的の輸入は業者と同じ税金を取られます。

その場合は「商品価格+送料+保険金額」の100%が課税対象になります。

 

16,666円以上の場合関税がかかります。

 

課税対象額が1万円以下なら関税と消費税の支払いをは必要ありません。

同時に複数の荷物で購入した場合、その合計金額で判断されます。
1つ1つの荷物が1万円以下でも、合計が1万円を超えれば課税対象となります。

個人輸入の場合は「商品価格×60%」が課税対象なので、商品価格16,666円以下なら税金がかかりません。

※ただし、履物、編み物、革製品などは免税対象外の商品となります。

通関手数料は200円

 

荷物が税関で課税の対象になった場合、通関手数料を支払う必要があります。

通関手数料は荷物1つにつき200円です。関税が無税の場合は通関手数料はかかりません(消費税のみ課税されます)。

 

関税率について

 

関税の税率は商品によって変わってきます。税率については税関のホームページの実行関税率表を参照してください。

また、本・CD・DVD・ブルーレイは無税となり関税はかかりません。

課税対象の価格が20万円以下の場合(少額輸入貨物)は税率が簡易税率になります。

ただし、一般税率の適応を希望した場合や、簡易税率適応外の商品、一般の関税率が無税のものはそちらが優先されます。

実行関税率表は項目が細かすぎて、どこに分類されるのか調べるのが大変です。

 

消費税は8%

 

海外で買っても日本の消費税がかかります。消費税は16,666円以上なら、商品の種類に関係なくかかります(関税率が0%の品目でも消費税はかかります)。

税率は国内で買い物をするときと同じ8%です。

消費税(8%)は、課税価格に関税額を加えたものに対してかかります。

 

例:40,000円のラグビー用品を購入
関税率5%だった場合で計算

40,000円×60%=24,000円 → 課税価格
24,000円×関税率5%=1,200円 → 関税
(24,000円+1,200円)×8%=2,016円 → 消費税額

1,200円(関税)+2,016円(消費税)+200円(通関手数料)=3,416円

 

関税はいつ払うの?納付方法は?

 

関税の支払いは荷物が到着した際に配送業者に支払らうか、もしくは別途振込みで支払うことになります。

Amazonで買い物した際は「Import deposit」と言ってAmazonで決済の際に事前に支払いをします。
このシステムのメリットは通関に時間を取られることがなくスムーズに受け取りができることです。

※Amazonでは多めにImport depositを支払い、実際に税関でかかった関税分の差額が後日クレジットカードに返金されます。

 

関税についての疑問があればこちらも参照ください。

税関相談官制度(カスタムスアンサー)

 

 

スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© カンタベリー・アンダーアーマーなどのラグビーグッズ国内・海外通販情報局 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.